最北好日 ―北京版―

サイホク コウジツ ―ペキン ver.―

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
授業で、テリー・イーグルトンの『文学とは何か』という本を
参考書として先生があげていたので、
その繋がりで筒井康隆の『文学部唯野教授』を読みました。
この小説、主人公の唯野教授の現実の生活と、
彼が大学で行っている講義内容が交互に語られるのですが、
どっちも爆笑するくらい面白くて、しかも勉強になります。
現代文学専攻なのに、文学理論にはほとんど触れたことがなかった、
私のような学生にとって格好の入門書、かもしれない…。


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

かごやん
  • Author: かごやん
  • 過去をまた封印しました。(笑)
    北京生活のあれこれを書き続けられたらいいなあ、と。

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。