最北好日 ―北京版―

サイホク コウジツ ―ペキン ver.―

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
2月11日(月)
13時、バスで稚内を出発。
数日前から歯が痛くてたまらない。
神経ない所なんですが、化膿が始まってるらしく。
鎮痛剤でなんとかやり過ごす。
札幌からJRで小樽築港へ。
食料を買い込み、フェリーターミナルまで歩く。
2等でしたが、なんと1室を独り占め。これは初めて。
しかし広すぎて落ち着かない。

2月12日(火)
少し揺れがあったので、ほとんど寝てました。
舞鶴は雨…いや、雪! 仕方なく腹を決めて歩き出す。
すると乗用車が隣りに停まった。
運転していたお姉さんが東舞鶴駅まで乗せてくれました。
なんて親切…助かりました、ものすごく。
JRで京都へ。京都も雪。綺麗だけど、寒い。
歩いて、ネット予約をしてあった駅近くのホテルへ。

2月13日(水)
京都でいろいろと用事を足す。
まず銀行でトラベラーズチェックを購入。
すごくスムーズで、あっという間に買えて、感動。
お昼を食べてから、お土産探しに新京極界隈へ。
歩きまくって、足が痛くなってしまった。
気づいたら三条と四条の間、二往復半してた。
夜は大学時代の友達と京都駅前で食事。

2月14日(木)
10時過ぎに京都を出発し、三宮へ。
ダイエーで食料を大量に調達し、ドトールで昼食。
ポートライナーでフェリーターミナルへ。
しばらく待って、16時ころやっと乗船。
私が乗ったのは燕京号というフェリーの2等寝台。
神戸から天津まで普段は50時間で行けます。
でもこの時期だけ、まるまる3日かかります。
22時、やっと船が動き出したので、
同じく燕京号に乗り合わせて知り合った友達と様子を見に甲板へ。
神戸の夜景は綺麗だったなあ。
そういやバレンタインデーでしたね。

yanjing2.jpg

船内。部屋の前の廊下。

2月15日(金)

yanjing1.jpg

フェリーは瀬戸内海を抜け、関門海峡へ。
お昼過ぎ、揺れ始めたので少し気持ち悪くなり、
酔い止めを飲んでベッドで横になる。
でも気分が悪かったのはこのときだけで、
その後は薬を飲まなくても全然問題ありませんでした。
夕方、避難訓練があり、救命具を着てロビーへ。
行ったらもう終わりかけてました。
夜、食堂でパーティーがあるというので行ってみると、
船内で働いているお姉さんたちのカラオケ大会でした。
歌っているとき、乗客の子供が花束(造花)を手渡したりして、
ほのぼのと盛り上がる。
その後は図書室で友達とおしゃべり。
22時に時差の調整があり、東京時間から北京時間へ。

yanjing3.jpg

食堂。

yanjing4.jpg

図書室。

2月16日(土)
午前中、突然船内放送で呼び出され、
何事かとフロントに行ってみると、
検疫の紙を早く提出してほしいとのこと。
…びっくりした。
午後はずっと図書室で読書。
眠くなって、テーブルに突っ伏してちょっと寝てしまった。
夕食時、同じテーブルに座った方々のうち3名が
中国で日本語を教えている先生だったので、
いろいろと裏話を聞けて楽しかった。

2月17日(日)
無料の朝食、ずっと食べそびれていたのですが、
(朝食の時間に起きられなかった…)
この日やっと食べられました。
お粥、肉まん、味つき卵など。美味しかった。
天津に着いてからどう北京まで行くか、思案。
この時点では、友達のご親戚の車で駅まで送ってもらうことに。
どうやら船はしばらく天津沖で停泊していたようで、
16時ころやっと下船開始。14時予定じゃなかったっけ…?
ご親戚の方に出迎えていただき、あれよあれよという間に、
そのままお家に泊めていただくことに!!
わー、申し訳ないです、図々しくて…でもうれしい。
おいしいお菓子や豪華なお食事、食後のお散歩。
キーボードの演奏も聴かせていただきました。
なんて素敵な一日なんだー。
改めて、中国の方は親切だと思いました。
そしてやっぱり人と人の距離が近い。

yanjing5.jpg

天津沖にて。

2月18日(月)
朝から美味しいものをたらふくいただく。
それから一緒に餃子を作った! もちろん皮から。
具は羊の肉とにんじんなど。餃子包むのおもしろい。
お昼にそれをゆでて、ご馳走になる。美味しい。
残った餃子は全部お持ち帰りにして、持たせてくれました。
午後、タクシーで駅へと向かい、
予定より早めの列車で北京へ。
何から何までお世話になってしまいました。ほんと感謝です。
1時間ちょっとで北京に到着。
出迎えてくれた友達のお父さんと一緒に、
地下鉄で大学近くの駅まで。
そこで友達と別れ、一人で大学まで帰りました。
久々に入った寮の部屋はなんだかやたら狭く感じた…。
そしてやっぱり結構疲れてました。身体に力が入らない。
でもフェリーの旅は予想通り、いやそれ以上に愉快でした。
いろんな人と知り合えるのがいい。
機会があれば次は別のルートも乗ってみたいと思いました。

おわり。


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

お疲れ

とっても楽しかったみたいだねよかった


出会った人に万歳
人徳がにじみ出るよね


  • 2008/02/23(土) 23:03:58 |
  • URL |
  • あとの #-
  • [編集]

うん、楽しかったよー。
ひとつ野望を達成しました。笑

  • 2008/02/24(日) 17:14:49 |
  • URL |
  • かごやん #-
  • [編集]

船マニア!?

無事着いたようで何よりです。
波はそうでもなかったのかな?
でも、船酔いしたようなこと書いてましたが、まさか船に弱い!?
宿泊できる船ってやっぱり大きいのかな?
ちなみに、利礼航路は3,000トンぐらいです(マニアか!?)
時間と体力があるうちは、船旅もいいのかもね。
私は別な意味でもう…(苦笑)
しかし8日間の船旅、飛行機ならー…?

  • 2008/02/24(日) 22:17:56 |
  • URL |
  • すろーまいんど #-
  • [編集]

乗り物全般に弱いですよ~、実は!
ネットで調べると、
小樽~舞鶴の船は約17000トン、
神戸~天津の船は約10000トンくらいです。
国内の方が大きかったんですね。
そりゃ飛行機使ったら早いですよ!
でも船に乗りたかったんです~。

  • 2008/02/28(木) 18:02:02 |
  • URL |
  • かごやん #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

かごやん
  • Author: かごやん
  • 過去をまた封印しました。(笑)
    北京生活のあれこれを書き続けられたらいいなあ、と。

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。