最北好日 ―北京版―

サイホク コウジツ ―ペキン ver.―

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
さて、ついに明日、帰国します。
10ヶ月ぶりの日本。馴染めるかな?笑
ここ数日は部屋の片付けとお土産調達に追われています。
日本で再会予定のみなさん、楽しみにしててね。
私もいろんな人に会えるのがすごく楽しみ♪
いろいろやらなきゃならないこともあるけど。
歯医者とか免許の更新とか…。
それでは、次は日本からの更新になります~!


スポンサーサイト
このページのトップへ
蘇打緑(sodagreen/ソーダグリーン)という台湾のバンドのサイン会に参加してきました。
このレポはmixiのコミュ用に書いたものですが、こっちにも転載しておきます。

a.jpg b.jpg c.jpg

本日、北京・第三極書局でのサイン会に参加してきました!

4時10分くらいに蘇打緑のメンバーが到着。しばらくは司会者も交えてのトーク。それから1曲だけ阿龔と家凱のダンスを前面に押し出した(?)演奏がありました。(ガラスで仕切られた反対側にいたので、あまり音が聞こえませんでした…残念。でも姿は比較的よく見えました。)

サイン時の並び順は、左から阿福・阿龔・馨儀・青峰・家凱・小威。青峰の前まで行ったとき、彼がニッコリして左手を差し出してくれたのが嬉しかったですね!手紙を渡すと、「僕きっと読むからね」と言ってくれました。(手紙の表面になにかメモをしていたようでしたが、日付かなにかかな?)それから家凱と小威も握手をしてくれました。私がCDを4枚持っていたので、小威に「四張小姐」と呼ばれてしまいました。(笑)

サイン会終了後は阿福・阿龔からコメントがあったあと、会場後ろのドアからすぐにワゴンに乗り込んで会場を後にしていました。車の後ろの窓からずっと手を振ってくれていたのが印象的でした。

結局今日どれだけの数のファンが参加したのがわかりませんが、サイン全てが終わるまでに2時間半くらいはかかったと思います。普段台湾でのサイン会だとどれくらいの時間がかかるのか知りませんが、私が参加したことのある中では最長だったと思います。2回並んでる中学生と思しき子達も近くにいましたけどね。(笑)

カメラの電池が途中でなくなってしまって、近くまで行ったときに写真を撮れなかったのがすごく残念です。とりあえず、開始前の会場と、サイン会前のトークの様子を載せておきます。

あ、あと、今年10月に北京と上海でもコンサートの予定があるそうです!やったー!


このページのトップへ
【“『当代歌壇』”の続きを読む】 このページのトップへ
暑いです…。
40度越えてるって話なんですけど。
本当!?ここどこ?
お陰で洗濯物がすぐ乾く。
帰国日が迫ってきたので、部屋の掃除を始めてます。
夏休み中に新しいルームメイトが来るかもしれないしね~。


このページのトップへ
日本に帰国している間、8月初めに、
台湾へ旅行することにしました!
念願の台湾旅行…。
実は去年からずっと機会を狙っていました。
でもことごとく逃し…。
今回は友達が急に台湾へ帰ることになったので、
その時期を見計らって遊びに行くことに。
1週間くらいです。
台北だけじゃなくて、南部にも行きたいなと思ってます。
とりあえず、新千歳発の飛行機はもう押さえた!


このページのトップへ
霧が濃くて、変な天気でした。
本日夜、練習を重ねてきた演劇の本番がついに!
授業の一環なので、先生ももちろん見に来たし、
クラスメートの友達も何人か来てた。
やっぱり本番の雰囲気は違います。
みんな本気です。
間違っても止まりません。
台本見ません。
笑いません。
私も練習の成果を発揮して、台詞言ったり、踊ったりしました!
自分ではいつも通りのつもりだったけど、
先生には緊張してたねと言われた。
単にぎこちなかっただけかとも思うけど…。
終了後、小道具のワインでみんなで乾杯!
お疲れ様でした。


このページのトップへ
クラスメートと故宮へ行きました。
ある授業の先生が引率してくれて、
その先生の知人の方もいて、総勢30人くらい。
天気が良すぎて、暑くて仕方なかった。
日焼け止め塗り忘れたところが赤くなって痛かった。
先生のお陰で、無料で入場できたので、
ついでにいろいろ見て回ろうと、うろうろしてたのがいけない。
昼食後、一人で美術館へ足を運びました。
ずっと気になってたターナー展へ。
全然知らなかったんだけど、すごく魅力のある絵です。
19世紀のイギリスにこんな画家がいたんですね。
とにかく光の描き方がすばらしいです。
子供がたくさん模写に来ていました。
でもあんまり模写には向かないような気もするけど…。
会場で偶然以前のルームメートに会って、びっくり!
彼女とは2日後に普通に会う約束してたんですけどね。
美術館の向かいには画材店がいくつもあって、
しかもかなり安いので、私もちょっと買ってしまいました。
出来上がった絵を保護するスプレーが欲しかったんですよ。


このページのトップへ
中国に長く滞在するにはビザが必要なんですが、
その更新が1年に1回あります。
学校に手続きの仲介業者が来て、申し込みに行きます。
(自分で直接、出入国管理をしているところに行ってもいいと思うけど)
先日私が提出した顔写真が、不合格で、
どうしてダメかと言うと、背景が真っ白じゃないから…。
日本で撮ったんですけどねえ。
改めて校内の写真屋へ撮りに行きました。
そうしたら、パソコンで背景とか、前髪を留めてたピンとか、
顔の少し赤く腫れてたところとか、全部直された!
いいの、それで…。

…いいみたいです、とりあえず受理されたので。


このページのトップへ
一昨日と今日、久々の雨。
雨が降るとどうしても疑ってしまうのですが、
これは自然の雨なのか、人工の雨なのか…。笑
去年と比べて、同じ今の時期、明らかに雨が少ないんだよねえ。
どうなんでしょう、真相は…。



このページのトップへ
北京音楽庁というところに、コンサートを聴きに行きました。
中国愛楽楽団の定期演奏会で、ゲストはサラ・チャン!
私の買ったチケット、すごく変な席で、
2階席なんだけど、舞台の真横の上という、
明らかに音響的には好ましくない位置。
演奏中のサラ・チャンは後姿しか見えないし、
むしろ指揮者(フランス人)の動きがよく見える…。笑
まあ、これも面白いと思って、
いつもは良く見えない管楽器とか観察していました。
(逆に打楽器は陰になってほとんど見えなかった…)
休憩中にサイン会があって、
最初はその場でCDを買わないともらえないのかと思ってたけど、
そんなことはなく、私も友達もばっちりゲットしました。
実はそのCD、140元もするのに、売り切れちゃったんですよー。
(輸入版だからこの値段設定だったんだと思う。
こっちで国内版と買うとすると、高くても40~50元くらい)
金銭感覚がまだよくつかめてないのかも、私…。



このページのトップへ
ここの寮は各階(4階~12階)に自習室があって、
たいへん重宝しております。
普通の教室くらいの広さで、机と椅子が20組くらい。
夜は比較的混むけど、それでも5~6人くらいのもんだし、
一人だけで使っていることもよくあります。
欠点はインターネットに接続する設備がないこと。
これができたら完璧なんだけどなあ。



このページのトップへ
夏休み中、今住んでいる寮が改修工事で使えないはずだったのですが、
また突然その予定が延期になりました…。
短期留学生の部屋が足りないとかなんとか。
改修は来年やるらしい。
部屋の荷物を移動させなくていいから楽になったけど。
飛行機とかもう予約してるから、帰国の予定は変わらないけど。
相変わらず先が読めない、ここでの生活…。
そもそも改修しないであと1年もつのか…??



このページのトップへ

FC2Ad

Information

かごやん
  • Author: かごやん
  • 過去をまた封印しました。(笑)
    北京生活のあれこれを書き続けられたらいいなあ、と。

Search

Calendar

05月 « 2009年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。