最北好日 ―北京版―

サイホク コウジツ ―ペキン ver.―

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今学期の授業は5つと少な目。
でも、もう留学生向けの授業はないし、
毎回読んでいかなきゃいけない文章多いし、
今学期も無事に乗り切れるのだろうか、心配!
がんばるけど!


スポンサーサイト
このページのトップへ
大学の図書館に日本語の本も結構あって、よく借りに行きます。
そこで去年一度借りた魯迅の日本語訳が、ここしばらく見かけてなくて、
ずっと誰か借りてるのかと思っていたのですが、さすがに時間が随分経って、
これはおかしいと思い、受付に聞いてみました。
すると、英語の棚を探してみて、とのこと。
分類の番号が同じところに紛れているかもしれないから、と。
まさか~と思って一応調べに行ってみると、
本当にあった!どうしてあんなところに!?
漢字で「魯迅 阿Q正伝/狂人日記/他」って書いてあるのに、
なぜ英語の棚に戻す!?
…番号だけ見たんだろうね…。
まあ、見つかってよかったです。


このページのトップへ
春節も過ぎて、暖かくなってきたかも?と思っていたら、
突然、雪が降りました…。寒すぎる。
ルームメイト(先日戻ってきました。)は朝から外に見に行くし、
タイ人の友達は写真撮りまくってるし。
確かに降ってるところはきれいと言えばきれいだけど、
寒いのは嫌だー。


このページのトップへ
今日知った中国語。
「モデム」は中国語で「猫」(発音:mao、マオ)と言うらしい。
猫か~。


このページのトップへ
久しぶりにクラシックの演奏会へ足を運びました。
直接会場に行って、チケットがまだあるか心配だったけど、
ありました、しかも一番安いの。80元。(1000円ちょっと。)
そして一番後ろの席。そんなに広い会場じゃないので、
それでも特に問題はなく。逆にゆっくりできるくらいで。
ガーシュウィンがメインで、『ラプソディーインブルー』とか。
やっぱり生は最高!目でも楽しめるしね。
今後の演奏会予定を見ると、
ポール・メイヤーとかサラ・チャンとか来るみたい。
しかもまだまだ全然余裕でチケット買えるし。
今度はあらかじめチケット入手で行きたいと思います。


このページのトップへ

なんと、111日ぶりに雨が降りました。
何ヶ月?4ヶ月近く?
どれだけ北京が乾燥しているか、これでよくわかるでしょう!
雨の日は外出を避けたいのが普通ですが、
これだけ久しぶりだと、むしろ濡れたい。
傘さして出かけましたよ。
そして前に通っていた学校の門のところで、
すべって転びかけました。


このページのトップへ
4年位前に、『あらしのよるに』という絵本が流行りましたね。
当時私も小説とか映画とか見ました。
最近その映画の中国語吹き替え版を見る機会があって、
いまさらながらに再燃というか、繰り返し見てます。
単に中国語版の声をあてている人物が好きなだけだったりしますが、
中国語特有の言い回しとか、他にも楽しめる点がいろいろあります。
声質だけを比べれば日本語版のほうが好みかもしれないですが…。
ちなみに『あらしのよるに』の中国語版タイトルは、
《翡翠森林 狼与羊》です。
別にそのまま直訳で、『暴風雨之夜』でもいい気がしますが。
(語感が強すぎてアニメっぽくないのかな~?)


このページのトップへ
数日前に髪を切った私ですが、
どうやら中国では旧暦の正月期間には髪を切ってはいけないらしく、
それはなぜかと言うと、
母方のおじさんに不幸が起こるとかなんとか。
幸い私にはそれにあたる人はいないのですが、
この言い伝え、今回初めて聞きました。
こんなんあったら床屋は商売上がったりだなあと思った。


このページのトップへ

いつかやると思ってたけど、ついにやってしまった…。
シャワー室の扉の鍵をかけ忘れて…開けられた~!
たまに扉が勝手に閉まるんですよ、なんか知らないけど。
それでかけたつもりになってしまう。
私がちょうど中で歯みがきをしてるとき、
(たぶん)南米系のお姉さんが扉を開け、
お互い驚いたけど、なぜか私がとっさに謝っているという。
もういいです、済んだことは…。


このページのトップへ
北京で初めて髪を切りました!!
なんとなく行きづらくて、これまでは帰国のたびに切っていたのです。
でも今回は思い切って北京で切ってみることに。
でもやっぱり選んだのは日本人が経営しているところ。
予約のとき、明らかにお互い日本人なのに、
中国語でやり取りしてたのがおかしかった。
(途中で切り替えるのも変な気がして…)

担当してくれたのは中国人スタイリストでした。
感想を一言で言えば、ものすごく良かった!!
肩より少し短いくらいで、パーマもあてたのですが、
たいへん楽しい数時間を過ごすことができました。
通訳さんいるし(最初だけ)…洗髪気持ち良いし…飲み物出してくれるし…。
黙々とひたすらカットしていたスタイリストさん、
後からそのわけを教えてくれて、
一つには私が中国語できるかどうかわからなかったから、
もう一つは私の髪が多すぎて集中しないと失敗すると思ったから、らしい…。
あと、中国人のお客さんの中には、スタイリストが話をすると、
真面目にやってないと思って嫌がる人もいるそうです。
そういうおしゃべりも私はすごく楽しかったですけどね。

さて重要な出来上がりについてですが、
なんというか…ちょっと韓国人っぽい?
染めたらもっと雰囲気でるよ~とはアドバイスされましたが…。


このページのトップへ

FC2Ad

Information

かごやん
  • Author: かごやん
  • 過去をまた封印しました。(笑)
    北京生活のあれこれを書き続けられたらいいなあ、と。

Search

Calendar

01月 « 2009年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。