最北好日 ―北京版―

サイホク コウジツ ―ペキン ver.―

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
「やさしい食堂のお兄さんは心を和ませてくれる」の法則を発見しました。
(ごめんなさい、大丈夫です、まだ意識ははっきりしてます。)
前の大学にいたときにも書いたことがあると思うけど、(多分)
この大学にもいました、やさしい食堂のお兄さん。
私が注文を終えてから受け取るまでに、
「このチャーシューのも美味しいよー」とか、
「あっちにスープあるからね」とか話しかけてくれる。
それだけで和んでしまう私になにか問題があるのか知らないけど、
日々の勉強に疲れた留学生のみなさん、
ぜひそんなお兄さん(もちろんお姉さんでも可)を探してみてください。


スポンサーサイト
このページのトップへ
ついに、北京日本人会に加入しました!
って別に大々的に報告することでもないけど。
通算2年以上住んでるくせに入ったことなかったのです。
でもどうしても日本人会の図書館が使いたくて、
今回初めて入りました。とりあえず来年3月まで、会費50元。
図書館は中国関係の日本語書籍が豊富!
こんなものも!?と驚くような本もあったり。
これからかなりお世話になりそうです。


このページのトップへ
寮の各階には自習室があります。
なぜか私の住んでる3階はいつも閉まってるけど。
今日、夜に4階の自習室で勉強してたら、
もう一人留学生がいて、なぜかいきなりコーラをくれました。
彼はコンゴから来ていて、まだ中国語は始めたばかりらしい。
こういう不思議なこともたまにある。


このページのトップへ
少し前までは寒くて部屋でもこごえてたのに、
今は、暑い、です……。暖房効きすぎ。
寒いよりいいのか?

伝統文化の授業で、西遊記が話題になり、
4人(三蔵法師、孫悟空、猪八戒、沙悟浄)のうち、
男性なら誰になりたいか、女性なら誰と結婚したいか、
という質問を先生が学生全員に聞いて、
男性では猪八戒、女性では孫悟空が人気でした。
先生いわく、4人それぞれ性格や欠点が違うから、
この質問によって回答者の性格の一端が垣間見れるとのこと。
あなたならだれを選びます?


このページのトップへ
歯医者に行きました。(また?)
自分で地図につけた印が間違ってて、迷った。
約1年前にも行ったことがあるところで、
先生が、お久しぶりです、って言って、ちょっと驚いた。
レントゲンとって怪しい部分を見たんだけど、
虫歯はないらしい。
じゃあこのうずく感じは何なんでしょう。
もしかしたら詰め物の下に小さい虫歯があるかもしれないけど、
はずして治してまた詰めたら、2600元くらいかかるそうです…。
もし本当に確実に虫歯があったらそれでも治したかもしれないけど、
無いかもしれないとなると…。
結局、しばらく様子見ることに。
いつもこんなんだなあ…本当なんなんでしょ。


このページのトップへ
縦書きと横書きについて。
(もしかしたら前にも触れたことがあるかも)
今の中国では、小説も新聞も全部横書きです。
慣れるとなんとも思わないけど、
ふと意識するととても変な感じがします。
最近、1930年代の小説を読んでいて、
それが縦書きなので、改めてこの問題を意識したわけですが。
逆になんで日本は国語の教科書だけ縦書きなんだろ、と思ったり。
内容の理解にも影響しそうだよねえ?


このページのトップへ
昨日からルームメートが広州へ行っていて居ません。
楽と言えば楽なんだけど、いつも居るから居ないと調子くるう。
わがままですね~。ええ。
いつ帰ってくるんだろう…?(聞いてない。)
エアコンを使いすぎて今月の電気がもうなくなります。
半月しか経ってないのに!
買い足さなきゃいけません。10度7元也。


このページのトップへ
蘇打緑(sodagreen)/『小宇宙』/日本語訳
歌詞の中文部分を翻訳してみました。せっかくなのでここに載せておきます。

You are,you will
くらくらする気持ち あきあきする気持ち
そっと取り出して 心の中心で咲かせる
まぶしいような 不思議なような
もうこれ以上いらない 感情の偶発事件

小宇宙
左手には若者が列に横入り
チラチラにらむ目つきは軽蔑に満ちてる
エスカレーターではカップルが寄り添い
お互い見つめ合って左側の通路を塞いでる
右手にはご婦人が紙くずをポイ捨て
ずんずん歩いていってまるで何も問題がないかのよう
バス停では目の前にドアが停まり
ぐいぐい押されて僕は道端にはじき出された

服屋の店員の態度はまるで
金銭をはたいて彼の仏頂面を買っているかのよう
親しくもない友人が近寄ってきた
彼の言葉や表情はすっかり世間ずれしてしまっている

どうしてこの街は自分勝手
僕はただ自分だけの宇宙が欲しい

いまだかつてない安らかで幸せな季節を自分に
過ぎ去った歳月はチョウとなり僕の部屋を飛び回る
時間と引き換えの新しい言葉と心の中の山水に感謝を
美しくない世界に直面していること気にしないではいたくない

左手には激しい車の往来が煙を吐いている
ラインを越えて街を突っ切って僕が見えなくなるまで
右手には暴力に満ちたストーリー
ペンを取って線を引いて全て終止符を打ってしまえ

自分の世界に戻って
どうでもいい事から遠く離れる

左手にはカーテンを少し開けて
僕の部屋と周囲に光が差し込む
一瞬 瞳孔が少し縮んだ
僕の部屋と周囲に鮮やかな青空が満ちる
右手には音楽を少し大きく
僕の部屋と周囲に香りが漂う
一瞬 心の扉が少し開いた
僕の部屋と周囲に想像の空間が広がる

小情歌
これは単純で小さな恋の歌
人びとの心中の変化を歌っている
僕はうれしいと想う 君の温もりがあって
足元の空気が くるりと回った

これは単純で小さな恋の歌
人びとの胸中の白い鳩を歌っている
僕はぴったりだと想う 謳歌する者として
青春が風と共に ひらひらと舞っている

君は知っている
たとえ大雨がこの街を全て沈めても
僕は君を抱きしめるだろう
たえられない 君の背中を見つめて
書き記す 一秒が一年にも等しく耐え難い離騒

たとえ世界が全て寂しさに攫われても
僕は駆け出さないだろう
逃げられない 誰しも終には年老いる
書き記す 時間と弦の音色が織り成す城砦

符号
雨粒が落ちている 月が光っている
意味を形作って 手のひらに収まる
遥かに及ばない 君の心を分析するには
テーブル一杯の難解な謎を解きほぐした

it's on my face(and it...)
it's on my set(and it...)
it's on my head(and it...)
it's on my way 自力で組み立て直して理解する
(野獣派の世界に入って 大胆に記号を貼り合わせる)

愛や憎しみが何だって言うんだ
考えてることもやってることもみんな違う
見るもの聴くものだいたいが there's a symbol to my name

夢の世界が経験を導き出す
アルコールが忘却を導き出す
旅がエネルギーを導き出す
君はどう答えを導いたらいいんだろう?

暫時コントロール不能
ぐるり一周してまたゼロだと気づく時計
頭を振って 揺れ動いて 転調のリズムで踊りながら
幻想は夢の中でゆったり泳ぐ魚 見てもわからない
空(くう)を踏んで 踏み違えて 半周遅れのイラ立ち

暫時コントロール不能
これは堕落じゃない いずれは結果が出る
暫時コントロール不能
誰が操っているのか
夢の螺旋がベッドの中から手招きしている

ここでかすれ声を張り上げているのを見たら
誰だって黙ってはいられない
寛容でも僕は止められない 一秒後のecho
難解さが空中に漂い広がる 風雨にさらされる交錯
輪郭が少しははっきりするだろうか
驚嘆の結果を描き出す

もし不思議な虹が
君を連れて大またで歩いていたら 大興奮

雨に包み込まれた街
雨に包み込まれた街 君がいて ギターを弾きながら僕に寄り添う
雨に包み込まれた街 歌があり 雨音に混ざって落ちてくる
雨に包み込まれた街 僕がいて 金魚のように泳ぎ回る

見て見て 君の瞳を見ているよ

ああ 聴くのがこわいな 心細いんだ
ああ 信じないよ 心が君に触れて澄んでゆく

君の心は 明るい光が差した雲
君の背は 安心感を与える風景

已経(もう、すでにの意)
灯りの間 水の滴るテスト用紙
涙を留めず 翼は全て飛び出した 空じゅうに吹きつける

黒い空 雨の降った部屋
ラインを留めず レンズはすっかり外れて 言葉を失った

もう君の顔を見る時間はない
もう君の気持ちを考える心もない
世界は変わっている 僕も変わっている

もう思想を沈殿させることはできない
もう空間を見つけることもできない
世界は変わっている 僕も変わっている

世界は変わっている 君も変わっている
世界は変わっている もう変わってしまった


明け方近く ひっそりとした空気
探すことをあきらめ 抱擁を待つ(彼の抱擁を待つ)
約束は煩わしい 守らなければいい
君にできるかどうかは あまり重要じゃない(僕は知りたくない)

何度も行き詰まり あの感覚を待つ
この芝居はつまらない(この芝居は退屈すぎる)
早朝三時 騒いではいけないのに
君はまだふざけてる 新鮮さはとっくに退いて
やめられない 引き延ばすよりは早めに 感情の熱を吐き出したほうがいい
(呼吸は止められない 静かに 騒ぐな 騒ぐな)

君は求める 僕は逃れたい 別々の道を選んだほうがいい
気持ちの高まりが かじりついて 振り払えない
君は邪魔する 僕は願う 見る間に空飛ぶ鳥に変わる
君の手は 僕の羽を 撫でられない

君を背に
君を背に本を読み 君を背に字を書く
僕の努力が足りないともう君は責めないだろう
君を背に心を痛め 僕にまつわる幸福を悲しく思う
君を背に黙り込み 君を背にトンネルを通り抜ける
気持ちの揺れ動きを君はもう見せないだろう

僕の愛は 翼がなくても飛べる
でも思い出は 夜になって僕に尽くす
かまわない 涙さえ灰になるとき(涙さえ一片の灰と化すとき)
君を背に ひとときの時間を手に入れる
君を背に 僕は時間を押しとどめた

墜落
どの雲があの色に染まっても以前は巨大な流れが
君と僕を潤して気ままに流れ続けた
どの顔があの表情に変わっても以前は無駄な時間が
君もかつては孤独だったと証明した
どの煙があの香りに満ちても変わったことはない
全ては君があまりに捕らえがたすぎるせい
どの唇があの世界を漂わせても停まったことはない
ただたまに君の言葉が少なすぎるだけ

もしかすると君の手ははっきりと訴えているのかも こだわりすぎと
君の神経の渦を強めるのもはらはらしてしまう

墜落

君を見ていると優しさを感じられる 救いがたいほど
浅はかでも手を離したくない
君のそばで憂いなく 幸福的落下を味わう
心の揺れに身を任せるなんて考えられない

無言歌
どうか僕を連れて一緒に飛んで
このページのトップへ
早朝(でもないけど)からお祝いコールで起こされた。笑
誕生日でしたが、授業も普通にあって、普通に過ぎる1日かと思ったら、
夜になるに連れてたくさんの人にお祝いしてもらって、本当、感動しました。
ひとつひとつは書ききれないくらいだけど、
とっても嬉しかったです。これは本当に財産だと思います。
家族や友達などどれだけの人が自分の周りで見守ってくれているか、
1年に1回、ひしひしと実感できる日です。(感謝はいつでもするべきだけども…)
とにかく、そういう特別な日です。
今年も幸せに過ごすことができました。みんな、ありがとう。

ついでに本日の授業で王老師(詩人)がおっしゃった名言:
“在人生当中,最重要的是‘爱’!”
(注釈:ちょうど張愛玲の「愛」という散文を鑑賞していた)


このページのトップへ
誕生日パーティーも兼ねて、カラオケに行きました。
私は11日なんですが、9日の友達もいて、
彼のためにプレゼントも用意したのに、なんで来ないんだー!
(これ読んでることを見越して。笑。次会った時にあげるわ)
予約は私がしたのでちゃんとできてるから心配だったけど、問題なし。
3時間バイキング付きで一人49元ですよ~、安い!
MV見たさに次々曲を入れてたらあっという間に時間が。楽しかったです。
大好きなチョコレート(豪華版)やポッキーをプレゼントにもらいました。
デジカメを持って行かなかったのが悔やまれます。また行きたいですね。


このページのトップへ
中国語でもブログを作ってみました。
このブログからリンクはってあります。
どうなるかわかりませんが、
ここと同じように特に意味の無いことをつらつら書こうかと。
あとちょっと交流でもできれば。


このページのトップへ
大学から5~10分ほど北に歩いたところに、
ピアノ練習室があります。
ずっと気になってたんだけど、今日初めて利用しました。
1時間10元で、以前よく通っていたところのような割引はないけど、
それでも設備や環境の点でずっと良いので問題なし!
ピアノの質も良いし、部屋も広いし、きれい。
各部屋に作曲家の名前が付いていました。(バッハの部屋、とか)
週末は音楽教室があって練習室は使えないらしいので、
平日行くならあそこですね。
近くにいいところがあって良かった。


このページのトップへ
今、日本のテレビでは、
小室哲哉逮捕のニュースでもちきりだろうと思います。
日本にいなくてよかったかも、とちょっと思う。
そんなニュース見たら絶対へこむ。
だって中学のころからTMNetwork好きだもん。
多分私の年代くらいがちょうど分かれ目で、
それより下だとTMはあんまり知らないよね。
その後のプロデューサーとしての小室は知っていても。
ああ、TM聴きたいなあ!!


このページのトップへ
大学からバスで二駅南下したところ、
魏公村という場所に雲南料理の店があります。
5年前もよくそこにご飯を食べに行っていて、
ふと思い出したので、友達と一緒に行ってきました。
雲南料理は油っぽくなくて、日本人の口に合うと思う。
竹筒に入った鶏肉とか、パイナップルご飯とか、
丸くて小さなイモの揚げたのとか、全部美味しい。
少し多めだったけど、二人で食べきりました。
美味しかったね~また来ようね~と満足して帰ったのでした。

しかし、ここに書いてること、食べ物の話多すぎ??


このページのトップへ

FC2Ad

Information

かごやん
  • Author: かごやん
  • 過去をまた封印しました。(笑)
    北京生活のあれこれを書き続けられたらいいなあ、と。

Search

Calendar

10月 « 2008年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。