最北好日 ―北京版―

サイホク コウジツ ―ペキン ver.―

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
29日から10月5日まで、国慶節で連休です。
(そのため直前の土日は振り替えで月火の授業だった…)

やめとけばいいのに、友達5人で前門へ。
天安門広場の南に位置する、最近改修の終わった観光地です。
人が…すごい、道を埋め尽くしている…。
しかも地下鉄の前門駅は封鎖!地下道は道路を渡るためだけに使える。
私ともう一人の友達はバスだったので関係なかったのですが、
他の3人は地下鉄だったので、先に降りたり、通過しちゃったり…。
5人が合流するまで大変だった。会ったときには感動で抱き合ってました。

「都一処」というシューマイのお店でお昼。
ここも1時間くらい並んだ。話してたらそんな長く感じなかったけど。
美味しかったです。シューマイも前菜もお粥も。
食後、人にもまれながらいろいろとお店を見てまわりました。
チャイナドレスとか靴とか薬とか、どれも老舗ばかり。
でもメイン通りの建物はまだ空き店舗が多くて、
またしばらくしてから行ったほうがいい感じです。


スポンサーサイト
このページのトップへ
10時から「中国の伝統文化と現代化」。
これも大学院の留学生向けの授業です。
ちなみに中国人学生の場合は、この時間、
マルクス主義理論とか受けてるようです。

14時から「中国現当代文学思潮と流派研究」。
まだ正式に始まってません…。
担当の先生がカナダだったか、どこか海外に行っていて、
まだ帰ってきてないそうです。
代わりの先生が来て、映画観たりしました。


このページのトップへ
8時から「大衆文化研究」。
この授業の先生は、私の指導教授の先生でもあります。
中年の小太りのおじさんです。話がおもしろい。
授業はあまり堅苦しくなく、大衆文化に関することだから、
映画とかドラマの話とかよく出てきます。

14時から「現当代文学研究の基本問題」。
この授業、博士課程の人たちも一緒に受けてます…。
あと訪問学者の先生とかもいます…。
よってレベルが高すぎます。毎回活発な議論が交わされています。
今学期一番成績が心配な授業です…。


このページのトップへ
10時から「中国現代文学史」。
この授業の先生は、有名な詩人でもあります!
私の記憶が間違ってなければ、日本の雑誌で見かけたことがある。
南方出身なので、発音がたまに聞き取りづらいけど…。
でも留学生ばかりの授業なので、ゆっくり話してくれます。

14時から「漢語写作」。
留学生(大学院生)のための、中国語作文の授業。
先生(女性)がユーモアも交えて話してくれるので、おもしろい。
毎月課題が出て文章を提出するんだけど、
第1回目はもう提出済みです。返ってくるのが怖い。


このページのトップへ
14時から「中国新詩研究」。
「新詩」というのは、いわゆる漢詩じゃない、
現代中国語で書かれた詩のこと。
毎回先生が選んだ論文について学生が発表をして、
それから先生の説明、学生同士の意見交換という流れ。
私ももう発表の順番が決まってます。11月末。
怖い…怖すぎる。準備しなきゃ。


このページのトップへ
校内で安く映画が観れます。
1本5元(約75円)、2本8元(約120元)。
たまたま観たい映画を放映していたので、
友達と行ってみました。
『赤壁』という三国時代を題材にした作品です。
でも、これ、(上)なんだよね。
次回へ続く…っていう。
金城武の諸葛孔明がすごくカッコいいんだけど、
発言がちょっとボケてていい味出してました。
個人的には胡軍が趙雲役で嬉しかったけど、
イメージ的に合ってるかどうかはちょっと…?
それを言うなら梁朝偉の周瑜もねえ。
有名な人物ばっかりだから、勝手にイメージが出来上がってるんだよね。
続きを期待します。


このページのトップへ
少し軽い話題を。
ここ最近、「蘇打緑(sodagreen)」という台湾のバンドがいいなあ~と思って、
ずっと聴いてます。
6人組(一人女性含む)で、ボーカルの声がかなり個性的。
存在自体は去年から知ってたんですが、
たまにラジオから流れるのを聴くうちに、それが楽しみになって、
そんなに聴きたいならCD買えばいいじゃん、ということで、
買いました。とりあえず、中国で出てるだけ、3枚。
そう、面倒なのが、台湾版と中国版との区別があること!
どうやら一番新しいアルバムはまだ中国版がないらしく、
CDショップにも置いてないし、中国のAmazonでも扱ってない。
今まであんまり気にしたことなかったけど、これはかなり不便です!


このページのトップへ
今日は「中秋節」。つまり旧暦の8月15日。
中国では月餅というお菓子を贈りあって、
一家団欒を過ごす日。今年から休日にもなりました。

前の学校からずっと仲良くしていたドイツ人の友達が
ついに帰国するというので、空港まで送りに行きました。
あんまり実感がなく、「バイバーイ」とあっさり見送ってしまったけど、
次いつ会えるかと言ったら、まったくわからないので、
もっと別れを惜しむべきだったかもとも思うけど、
性格的に二人ともそういう感じじゃないしなあー。
でも今後思い出すたびに懐かしくなるんだろうね。
帰り、なぜか彼女の恋人のお父さんにバスのチケットを買ってもらってしまった。
遠慮しましたよ…でも、息子と同い年なんだから私から見て子供、と言われると、
そうだなあ、と思ってそれ以上断れなかった…。


このページのトップへ
第1週目の授業を受けてみて、感想。
半分はついていける。留学生向けの授業とか。
でもあと半分は先生の言ってることを聞き取るだけで精一杯。
一応毎回録音はしてますが、それでも聞き取りづらかったりするし…。
徐々に慣れていくとは思うけど…。


このページのトップへ
9月10日、中国では「教師の日」です。
私も他の学生と一緒に、指導教授にプレゼントを渡しました。
ホットプレート…家電です。
それから前の学校の先生にもメールを出しました。
かなり懐かしいです。まだ数ヶ月も経ってないのに。
時間があったら、前の学校の授業にもぐりたいくらいです。


このページのトップへ
ルームメートがようやく姿を見せました。
ベトナムからの留学生です。
ずいぶんおとなしい感じの人です。
私も部屋では静かにしていたいほうなので、
そういう面では上手くやっていけそう。きっと。


このページのトップへ
指導教授とその教え子たち、総勢12名で会食。
円卓です。上座はどこ!?みたいな。笑
初めて、こんな純粋に中国式(?)な宴会に出た。
乾杯の嵐です。
留学生は私ともう一人、先輩の韓国人留学生。
外国人ということで、大目に見てもらったと思うけど、
やっぱり先生に「敬酒」するべきだったよなあ。
次、がんばります。
食後、全員でカラオケへ。
みんな歌う歌う。先生も上手い。
私も宴会での出遅れを取り戻すべく、
積極的に歌いました!「北国の春」!笑
画面の歌詞は中国語なのに、日本語で。
意外と受けました。覚えててよかった~。

このページのトップへ
恐ろしい事実が発覚しました。
公費の留学生は、1年目、単位を一つでも落としたら、
大学院生として勉強は続けられないそうです。
そんなこと聞いてなかったけど…。
考えてみれば、入学試験も受けないで入れてくれるには、
それなりの条件があるわけで。
これも一種の入学試験かと思えば、受け入れられなくもない。
先生いわく、「先に乗車して、あとから切符を買う」んだそうです。
言いえて妙だなあ。


このページのトップへ
タイの留学生と仲良くなりました。
彼女も私と同じ、大学院の新入生。
しかも同じ専攻で、寮の部屋まで近い。
選択した授業もまったく同じ。
仲良くならない理由がありません。
実は1日、本当は所属学院の集まりに出なきゃいけなかったのに、
全然知らされてなくて、次の日、彼女に教えてもらって、やっと知りました。
受け取るべきものとか、彼女に連れてってもらって、もらうことができました。
これからも何かとお世話になりそうです…。


このページのトップへ
今日は留学生のための入学式。
そこで、なんと、
壇上に上がってあいさつしてきました。
はあ~~緊張した!!
先週この話があってから、ずっと、
さっさと終わって~と思ってました。笑
よかった、無事に終わって。
あいさつは私を含めて4人いました。
しかも最後の一人はその場で指名されてた。
けっこうくだけた入学式ですね。
今後数日は説明会などが続くようです。


このページのトップへ

FC2Ad

Information

かごやん
  • Author: かごやん
  • 過去をまた封印しました。(笑)
    北京生活のあれこれを書き続けられたらいいなあ、と。

Search

Calendar

08月 « 2008年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。