最北好日 ―北京版―

サイホク コウジツ ―ペキン ver.―

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
外のアパートに住んでる友達の家へ行きました。
前回初めてのときは連れて行ってもらったのだけど、
今回は自力で。覚えてるもんですねえ、道。一人で行けた☆
彼女が日本の大学に提出する研究計画書の日本語チェックを手伝いました。
それからネットでドラマ見たり。夕食は近くのお店でピザなど。
私も自分で書いた中国語の文章を直してもらいました。
もう恥ずかしい…間違いまくってるからね、特に単語の用法が。
でもこれはかなり良い勉強になると思いました。
先生に提出しても直してもらえるけど、目の前で一字一句、
本当に伝えたい内容を説明しながらだと、もっとよく理解できる。
私としては珍しいことなんだけど、彼女の部屋に本とペンを忘れました…。
あー…。


スポンサーサイト
このページのトップへ
クラスでたぶん一番仲良くしている(よくお昼を一緒に食べたりしてる)、
ドイツ人の留学生の部屋へ初めて遊びに行きました。
彼女も2人部屋に住んでるけど、広いし、バストイレあるし、きれいだし。
いいなあ…。まあ、住めばなんとかってね。
彼女は国からたーくさんお茶を持ってきていた。
一通り紹介してもらい、それからアフリカのなんとかっていうお茶をいただいた。
彼女は中国語と音楽が専門で、
だからパソコンには世界中の音楽が大量に入ってた。
マダガスカル島の音楽とかインドの音楽とか聞かせてもらいました。


このページのトップへ
怖い夢を見た。
最初の場面は教室で、なんだかわからないけど、
どっかのビルの最上階みたいなところに移動して、
そこから地上を見たら、たくさんの人がこっちに向かって歩いてて、
自分はその人たちが上ってくるって知ってるから、
彼らが通るルートとは違うルートで下りて逃げようっていう、話。
夜のまだ早い時間に寝てしまって、そんな夢を見たのでした。
起きて、うー、と唸ってから、
ルームメートも隣りのベッドで寝てることに気づいて、あせった。
夢はあんまり見ないけど、歯の抜ける夢はよく見ます。ほんと、よく。


このページのトップへ
私的にもっとも理想的な過ごし方が出来た日。
つまり本屋を4軒はしごしたという、ただそれだけなんですが。
そのうちの2軒で会員カードを作りました。
カードを作ると2割引! 期間限定だと思うけど。
先日ここに書いたドラマの原作、「キッチン」(吉本ばなな)の中国語版、
友だちに勧めてもらった台湾の作家の小説を購入しました。
幸せ。疲れたけど。


このページのトップへ
夕飯のとき、日本人の友だちと食事マナーについて熱く語る。
食堂で食べていると本当にいろんな人を見るんです。
いちいち数え上げたりはしないけど、結局、
食事のマナーについては家庭での教育がもろに反映してるんだろうね、
という結論に。
自分も人から見たらなってないところもあるだろうし、
そう考えるとちょっと怖いですね。誰かと食事するの。


このページのトップへ
ここ数日、台湾のドラマにすっかりハマってしまい、
4日で20話を見切りました! がんばった。
原作は持ってるんだけど、読み終えないまま日本に置いてきたという、
ある意味ずっと気になっていた作品で、
見出したら、予想よりもずっとふかーくハマってしまいました。
「孽子」というタイトルなんですが、日本では放送してないよねえ。
最後の最後までどうなるのかわからず、
円満な終わり方ではないにしても、前向きで気持ちのいい最後でした。
もう1冊改めて原作を買って、読もうと思います。


このページのトップへ
北京の春の風物詩、柳絮が盛大に舞っていました。
昼過ぎ、買い物に行こうと部屋のドアと開けると、
足元のあたりでふわっと白いものが舞い上がったので、
よく見てみると、窓から入り込んできた柳絮でした。
私はこれ、大好きです。北海道の雪に似てます。
春らしい陽気で、気持ちよかったので、校内を散歩しました。


このページのトップへ
本日は、我がルームメートの誕生日。
プレゼントは、日本人が中国語で書いたエッセイにしました。
著者は新井一二三さん。日本でも中国語に関する本を出しておられます。
そしてちょうど本日、
北京に来て以来使い続けていた日記帳が最後のページを迎えました。
よく続いたなあと我がことながら感心。
たまに読み返すと相当おもしろいです。
特に気が高ぶってるときに書いたやつ。


このページのトップへ
中国のAmazonでよく本を買います。
割引が3割4割当たり前だし、送ってくるのも早い!
今回は昨日の夜に注文して、今日午前中に来ました。
授業中に電話がかかってきたので、出てみると、
もう配達に来たと…。
休み時間に教室のある建物の玄関まで来てもらい、
お金が足りなかったので、クラスメートに借りました…。
早すぎるのも考えものかと。


このページのトップへ
「星星雨孤独症教育研究所」というところでボランティア活動に参加しました。
ここは自閉症(中国語では孤独症)の子供と家族のための学校です。
なにをしてきたかというと、ここの敷地内の壁に絵を描いてきました!
大きいのを、全部で6つ。40人ほどが参加していたらしいです。
私はちょこっと色を塗ったくらいですけどね。楽しかったです。
帰り、中心メンバーのみなさんと一緒に夕食を食べに行きました。
みんなおもしろい。話してるときの雰囲気とかすごくよかったです。
「紅梅(ホンメイ)」という中国語名をつけてもらったのですが、
どう思います、これ…。


このページのトップへ

今日は清明節ということで、中国では祝日になってます。(今年から)
友だち二人と一緒に、少し遠くの公園へ桜を見に行きました。
一応咲いてたけど、やっぱり日本みたいな迫力はない。
小さい木が多いしね。きっとあと数十年経てばかなり見ごたえあるかも。
むしろ桜より、人が多かったくらいです。本当に多かった…。
京都の桜が懐かしいなあ。
大学の桜、鴨川の桜、円山公園の桜…。


このページのトップへ
中国人の友だちの部屋に遊びに行きました。
彼女はルームメートと二人で学校から少し離れたところに住んでます。
そのルームメートさんが芸術関係の専攻らしく、
部屋にはキャンバスがたくさんあって、アトリエみたいだった。
壁にも絵が描いてあって、素敵な雰囲気の部屋でしたよ。
学校の外に住みたい…と思ってしまいました。


このページのトップへ

FC2Ad

Information

かごやん
  • Author: かごやん
  • 過去をまた封印しました。(笑)
    北京生活のあれこれを書き続けられたらいいなあ、と。

Search

Calendar

03月 « 2008年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。